blog index

《みんなでうたう》とみんな楽しい♪

Office♪FONホームページへようこそ。
イベント情報や活動内容を
ブログ形式で綴って行きます。

★オフィスフォンとは…
音楽家・田中宏の個人事務所。
うたを中心に、楽しいと思うことをカタチにします。
そんな活動を綴るサイトです。

鶴岡市議会議員としての活動は
http://tanaka-tsuruoka.net/ へ♪
記事の検索
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
もういくつ寝ーると♪
早いもので明日は大晦日。♪もうふーたつ寝ると〜おしょうがつ〜。

去りゆく2010年への感謝を込めて、僕のトークとピアノにのせて、滝廉太郎作曲《お正月》を口ずさみませんか♪

※ あのー、数年前の録音の使い回しなんです(^^;;

ネットdeうたう会「お正月」

おまけ:3分40秒あたりから、娘と合唱した《「金比羅フネフネ」お目出度Re-mix》をご笑聴ください♪
録音したのはもう4年前、6歳の頃。懐かしや♪( ´θ`)ノ
| オフィスフォン | ネットdeうたう会 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
「蟲のこゑ」聞こえてきました♪
猛暑もホンの少しやわらぎ、夜風に秋の気配を感じるようになりました。
#もちろん地域によるけれど。少なくとも、鶴岡はそうです(^_^)

で、セミの声と入れ替わるように目立ってきたのが「秋の夜長を啼き通す」虫たちの声です。
ネットdeうたう会:唱歌「虫のこえ」

松虫、鈴虫、クツワ虫・・・
この曲が発表された明治の末には、今よりも多くの虫たちが啼き声を競っていたことでしょう。

クツワ虫の啼き声 一番下。かなりケタタマシイ!

「馬追い」なんて虫の名前からも、ウマが普通に道を歩いていた往時を偲ぶことができます。

発表時、「蟲のこゑ」と表記されていたそうな。
《蟲》という漢字、今の「虫」よりもたくさんの種類の虫がイッパイいる感じをよく表してますのぅ(^_^)

さあ、僕のシャベリと伴奏で、唱歌「虫のこえ」を口ずさんでみましょう♪
ネットdeうたう会:唱歌「虫のこえ」

5分49秒あたりから、娘と一緒に録音した《『虫のこえ』チンチロRe-mix》も収録。
まだ娘が小学1年生の頃。なつかしい(^_^) ご笑聴あれ!
| オフィスフォン | ネットdeうたう会 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
もう2つ寝るとお正月♪
門松
早いもので、もう2つ寝るとお正月(^_^)
今朝から、我が家の玄関先に門松が出現。身が引き締まります!

門松2
♪もういくつ寝ると〜お正月〜と、名曲『おしょうがつ』を歌って、2010年を心待ちにしましょう(^_^)/
『荒城の月』や『花』(「♪春のうららの隅田川〜」)と同じく、滝廉太郎作曲です。

ネットdeうたう会『おしょうがつ』篇

3分40秒あたりから、当時6歳の娘と合唱した《「金比羅フネフネ」お目出度Re-mix》をオマケ収録。ご笑覧(ご笑聴)ください♪
| オフィスフォン | ネットdeうたう会 | 15:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
七夕に響く『長崎の鐘』。
090629_1113~01.jpg

戦後、ラジオから流れてきた『長崎の鐘』『さくら貝の歌』など数々の名曲たち。
昭和44年生まれのタナカにとってそれらは「なつメロ」ではなく、時代を越えて歌い継がれるべき「スタンダード」です!
ぜひ皆さん、今年の七夕は昭和20年代の歌謡曲を歌って楽しみましょう♪

〜夏・歌の散歩道〜
《懐かしの“昭和歌謡”を歌う》


昭和を彩った歌謡曲の数々、今回は昭和20年代、戦後の日本を勇気づけた名曲を取り上げます。
楽譜は使わず、歌詞をじっくり味わいながら、みんな一緒に歌いましょう。
思い出を語り合い楽しく歌えば、不思議と元気が湧いてきます。

日時:7月7日(火)10:30〜12:00

<予定曲目>
リンゴの唄、青い山脈、長崎の鐘、リンゴ追分、テネシーワルツ、高原列車は行く 他

受講料:一般1680円、NHK文化センター会員1470円

お申込はNHK文化センターまで → 0235−25−8181
| オフィスフォン | ネットdeうたう会 | 14:30 | comments(4) | trackbacks(0) |
ネットdeうたう会『冬の夜』
今月のうたう会では、各地で『冬の夜』を取り上げます。ぜひ「ネットdeうたう会」で予習・復習・補習?に励んで頂きたく(^_^)

ネットdeうたう会『冬の夜』

♪ともしび近く衣縫う母は/春の遊びの楽しさ語る
 居並ぶ子どもは指を折りつつ/日数かぞえて喜び勇む
 囲炉裏(いろり)火はとろとろ/外は吹雪

囲炉裏のある家は少なくなったでしょうし、「縄なう父」も絶滅寸前かも知れませんが、この曲の描いている親子の情愛、家庭の温かさは不変でしょう。

「外が寒ければ寒いほど、家の中は温かい」というイメージは、「雪の降る夜は/楽しいペチカ」と共通しているかも知れませんね♪

お稲荷さん庭のお稲荷さんに雪ふりつむ。

事務所オフィスフォンにも雪ふりつむ。
| オフィスフォン | ネットdeうたう会 | 01:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
一月一日♪
明けましておめでとうございます! 2008年も愉しく歌っていきましょう♪
080101_1434~03.jpg
#娘と一緒に初詣。寒かったので、玉コンニャクも食べました(^_^)

さて、新年の歌い初めはモチロンこの曲で!

♪年のはじめの試しとて〜

明治から歌い継がれてきた年初の定番「一月一日」です。
おっと「いちがついちにち」ぢゃなく「いちじつ」ですよ!
お年玉?として、タナカの一人アカペラversionも付録についてます♪
さぁ、ご一緒に口ずさんでみましょう(^_^)/

→ ネットdeうたう会「一月一日」
| オフィスフォン | ネットdeうたう会 | 17:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
雪やこんこ♪
071231_0921~01_0001.jpg
昨夜からちらちら降っていた雪が、朝にはうっすら積もっていました。

♪雪やこんこ、あられやこんこ...

「こんこん」ではなく「こんこ」だって、ご存知でしたか?
タナカの解説と伴奏で、さぁご一緒に口ずさみましょう(^_^)/

→ ネットdeうたう会「雪」
| オフィスフォン | ネットdeうたう会 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
♪は〜やく来い来い、お正月〜
クリスマスが過ぎると、一気に年越しモードになりますね。#参考写真:ぽっぽの湯の門松(^_^)
ぽっぽ門松
♪もういくつ寝〜ると、お正月〜

最近では12/26過ぎないとこの曲を思い出さない傾向がありますが、滝廉太郎がこの曲を作った明治30年代には、そんなにクリスマス一色だったはずがない!

さあ皆さん、ご一緒に口ずさんでみませんか? 昨年録音した「ネットdeうたう会」音源を、蔵から出してきました♪
当時6歳だった娘と合唱した「金比羅フネフネ」お目出度Re-mix も聴けますぞ(^_^)/

→ ネットdeうたう会「お正月」
| オフィスフォン | ネットdeうたう会 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
ネットdeうたう会『虫のこえ』
現在タナカの仕事の何割かは、「うたう会」とそれを応用した研修・講演などです。そのタノシサは実際に参加して頂ければ一発でわかって頂けるけれど、紙の資料だけで説明するのはなかなかムズカシイ(^_^;;

そこで、「うたう会」をラジオ番組風にまとめてみました。
ネットdeうたう会

今回取り上げた曲は、今の季節にぴったりの唱歌「虫のこえ」。聴きながら、ぜひ一緒に口ずさんでみてくださいね(^_^)/

オマケとして、タナカの一人カルテットに娘もちょっぴり参加した「虫のこえ〜チンチロRe-mix」を入れておきました。だいたい5分半を過ぎた頃ですので、どうぞご笑聴ください♪
虫のこえ
| オフィスフォン | ネットdeうたう会 | 18:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
    シルク腹巻など
     『シルク屋♪絹子ちゃん』
シルク屋♪絹子ちゃん

    写真のことなら
     『キムカメドットコム』
bnr_kimukame

bolg index このページの先頭へ